文系・工学系の学際・融合教育を目指して

教員

朱 藝 助教(経営人類学 Business Anthropology)

研究テーマとの出会い、その魅力

朱 藝 助教

私の専門分野は、経営人類学(Business Anthropology)です。この分野を初めて聞く方も多いかもしれませんが、一言でまとめると、「人類学の視点から経営を研究する」分野です。統計などといった定量的な手法を主とする経営学と異なり、人類学的手法である「参与観察」を用いて、企業の文化を研究しています。経営人類学の「参与観察」では、実際人々が働いている現場に赴き、メンバーの一員として働きながら、対象企業を観察し、その文化を研究するといった手法を取っています。

私は、大学院博士後期課程在籍中、市場グローバル化における企業文化の現状、変容について研究する為、1年半香港にある日系企業の小売店舗で「参与観察」を行っておりました。店舗では、週5日、1日8時間のシフトで店員として「働き」、現場の人々と日々接することで、「生」の声を多く聞くことができました。私の研究では、企業文化は、企業から一方的に決めている概念ではなく、企業と現場従業員の複雑に絡み合った相互作用によって変容していると議論しています。

学部時代は、フランス小売業の現地化を研究し、大学院の前期では、中国における外資系企業の比較研究を行っておりましたが、後期では、企業文化の研究に移行いたしました。このように、私はこれまで幾つかの角度から異なる企業の研究を行ってきましたが、共通しているのは、文化への関心が高いことです。その背景には、私自身の体験と密接な関連があると思います。

私は、中国湖北省で生まれた後、日本で小学校時代を過ごし、中国で中学・高校教育を受けました。その後、日本で修士号を取得し、博士後期課程の4年間は、香港の大学で勉強しておりました。このように、私が異なる「文化」に出会う機会に恵まれていた為、文化への関心が非常に高くなったと思います。異文化との出会いは、時にショックであり、時には素晴らしい体験をもたらしてくれました。

文化は、複雑な概念であるため、研究は非常に挑戦的です。しかし、果敢に挑戦していくことに研究する意味があると考えています。現在、数多くの企業がグローバル市場で生き残りを懸けて戦っています。今後は、日系企業だけではなく、成長している中国や韓国、台湾などといった企業の文化が如何に異文化の地で構築され、変容しているのかについて研究を行っていく予定です。


学生へのメッセージ

大学は、「学び」の場です。学術的な研究を学び、部活やサークルなどを通じて人間関係の大切さを学ぶだけではなく、海外留学から異文化を理解することも学びの一環です。大学は、様々な人と出会う機会を与えてくれる最高の場所です。多くの国際総合学類に入学した学生は、イキイキしています。夢を語り、夢に向かって突き進んでいく姿は、光輝いています。

一方で、進む道が見えない、将来の夢がぼんやりしている学生もいるかもしれません。私はそれでも構わないと思います。人生は、時に思い通りにいかないこともあります。私は、大学生活では大いに悩み、将来が見えないまま前に進むことだけを考えてきました。しかし、いつの間にか自分の興味分野を見つけ、研究に精力を注いでいる自分がいました。

大学でどのような仲間に出会うのかによっても、人生は変わっていくかもしれません。いろんな人に出会い、彼らの話に耳を傾けてみませんか?これまで、自分の見えなかった世界に出会えるかもしれません。筑波大学という「場」で、出会えた「縁」を大事にしていきましょう。


My research and its attractiveness

My area of specialization, Business Anthropology aims to understand corporate management from anthropological point of view. Unlike quantity-centered management study, Business Anthropology offers different perspectives through participant observation that requires researchers to go into the field (business organization) as an insider to study corporate culture by working and interacting with group members.

I conducted one and a half years of participant observation at a Japanese retailer in Hong Kong for my doctoral research to study the changing face of the company's business operation and its corporate culture. I worked as a salesperson five days a week, eight hours a day at several retail stores. I observed how people interact with each other and gained valuable data from their stories. My research focus is on how the corporate culture has not only been influenced by the company's formal practices such as business strategy and written philosophy, but also by the interaction between the company's managerial control and the employees' reactions towards it.

From undergraduate to graduate school, I have conducted research on the localization of a French retailer, comparative study of foreign retailers in China and the changing corporate culture in globalizing markets. I studied business organizations from different perspectives although the mystery of culture has always been my central interest and this might come from my personal background.

I was born in Hubei Province, China and went to primary school in Japan; for junior and high school education, I went back to China. I completed my master's degree in Japan and later I went to Hong Kong to pursue my doctoral degree in a more international environment. I have always been interested in culture because of my rich experiences of encountering different cultures which sometimes was magnificent and at other times was a shock.

The study of culture is very challenging because of its complexity but I feel it very meaningful to further understand its dynamics. I will continuously research this subject particularly about how the corporate culture of Japanese and non-Japanese companies including Chinese, Korean and Taiwanese companies has been constructed and changed overseas.


Message for students

University presents an opportunity for students to learn not only academic knowledge and the importance of human relations through clubs and "circles" but also diverse culture by studying abroad. University is a wonderful place for students to meet different people. Many students at the College of International Studies are very active at international exchange, and the way they fight for their dreams are impressive.

Some students might not have found their dream or path to the future yet, but there is no need to worry. Life is like a trip, hard to predict what is coming. I too worried about my future during university but I did not stop moving forward. And one day, I suddenly realized that I had found my interest and devoted my effort to my research.

People you meet at university might change your life as well. Why don't you go out to meet people and listen to their stories? You may get to know a world you have never imagined before. Let us value the "en 縁 (fateful connections)" we have at University of Tsukuba.